職場で評価されない人の特徴

評価されない人の特徴

評価されない人の特徴
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

職場で評価されない人

職場で努力をしているにも関わらずその努力だけは評価されているものの、実績や成果という観点からは評価されない人を見たことはないでしょうか。またそうして努力している人の中には仕事ができないと評価されている人も少なからずいます。もし一生懸命頑張っているにも関わらず全然評価されないと悩んでいる人は、評価されない人の特徴を挙げていきますので自分を少し見直してみることも考えてみましょう。

プライドが高い

仕事に関する意識が高くやる気も行動力もあってスキルが高いという仕事ができるタイプの人でも評価されないことは珍しいことではありません。このように仕事内容の割に評価されない人は自分の能力を過信しているおごりから、周囲とのコミュニケーションが上手くいかず評価につながっていないことが考えられます。ただ成果をあげることで評価されるような職場ではない限り、仕事に関して全く評価を受けることができなくなってしまいます。

消極的なタイプ

仕事に対して一生懸命で真面目に取り組んでいるタイプの人でも、何事にも消極的な姿勢でいる人は評価されない人が多いです。消極的なタイプは指示されていないことに関してやっておいたほうがいいかどうか迷う場合に、やらない選択肢を持つことが多いためプラスして評価されることがありません。しかし指示を受けたことは真面目にやるという点ではマイナス評価もないため、評価を下げにくいタイプともいえます。
消極的なタイプの人は基本的に仕事に対しても自信がないという人がほとんどですので、指示が少ない自らが動いていくような場面では力を発揮することができません。そのためゼロから仕事を考えて自らが周りを動かしていくような仕事を任せられることも少なくなり、結果的に大きい仕事をすることができないことも評価されにくいことにつながっています。

資格取得に熱心な人

勉強熱心で自ら資格取得するために動いたりするタイプの人でも、自分の会社は自分の力を発揮できないと考えていたり、こんなところで働いているような人材ではないと思っている人は評価を受けにくい特徴になります。資格取得も自らのスキルを高めようという目的というよりも、どちらかというと資格を取得しておくことで転職しやすいといった目的によって動いているため、周囲からするとこの職場で活躍しようという気持ちがないように見えてしまうことがあります。そういった気持ちが見えていると上司も近いうちに転職をするのであれば評価もしにくくなるのは当然といえます。

PAGE TOP

誰だって評価されたい!!

Copyright © 2018 誰だって評価されたい!! All Rights Reserved.